読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゃにもの? -その4-

つづきなのら

 

ボク「人材派遣業の魂版ってことですか?」

閻魔「そんなところじゃ」

 

ボク「魂って億どころじゃなく兆単位であるんでしょうから、

派遣業ってメチャクチャ忙しいですよね!」

閻魔「たしかにそうじゃが、完璧なシステムの元に動いておるから

忙しくも問題もないのじゃ」

 

ボク「そうなんだー。でも今回のボクの件では閻魔様がお出ましになる

わけだから、想定外の出来事が起きているのですか?」

閻魔「想定内じゃがプログラム外じゃな。完璧なシステムというのは

全てが想定内というものではなく、イレギュラーが起こりえることを

加味して、イレギュラーに漏れなく対処できるプログラムのことじゃ

食料品を機械人間の目で検品するような感じじゃな」

 

ボク「なるほどー。じゃあ今回の件は人間の目で検品してピッキング

されたケースという感じなんですね」

閻魔「そういうことになる。これから死に至る肉体に宿っている魂が

急遽必要になったので、このような状況になっておるのじゃ」

 

ボク「魂が必要に?! 神は魂を必要としているのですか?」

閻魔「必要とされていない魂など存在しておらん。それに魂こそ神じゃ

融合と分裂を絶えず繰り返している、神の意識じゃよ」

 

ボク「悶絶する内容ですね! じゃあ魂は数が一定じゃないですよ!

ボクなのにボクじゃなくなったり、ボク以上やボク以下になったりする

ことも有り得るってことですか?」

閻魔「そのように考えることもできるし、違うとも言える。極論するなら

魂は1つしかなくそれこそが神である、と考えることもできる」

 

つづくのら

広告を非表示にする